いつだって、本が一緒だった。

2017/10/20

解説・評論



「フィガロジャポン」 2017年12月号 CCCメディアハウス


いつだって、本が一緒だった。 梨木香歩

『木かげの家の小人たち』 いぬいとみこ著
『罪と罰』ドストエフスキー著
『てのひら島はどこにある』佐藤さとる著