「サリー・ジョーンズの伝説」 書評

2017年8月28日

解説・評論

t f B! P L


単行本:「どんな絵本を読んできた?」 平凡社(2017年8月発行)

初出:「こころ」 Vol.32 平凡社(2016年8月発行)

57名による絵本ガイドブック
梨木香歩 「サリー・ジョーンズの伝説」




『サリー・ジョーンズの伝説』 ヤコブ・ヴェゲリウス作/オスターグレン晴子訳 福音館書店(2013年6月発行)

―あるゴリラの数奇な運命―
はるか遠く、霧に包まれた街の謎めいた事件。憧れと希望、そして裏切り。灼熱のジャングルにうごめく狡猾な悪意、嵐の海原でも揺るがない友情。これは、サリー・ジョーンズの伝説である。


※単行本は雑誌記事を再編集

このサイトを検索

お知らせ

☆新刊(8月28日発売予定)
「岸辺のヤービ」続編

☆連載終了
「風と双眼鏡、膝掛け毛布」

QooQ