僕は、そして僕たちはどう生きるか

2015/02/17

児童書・絵本


文庫本:岩波書店(2015年2月発行)


単行本:理論社(2011年4月発行)

初出:ウェブマガジン「あ、ある。」 理論社(2007年4月~2009年12月)


春の一日をコペル君は忘れない。考え続けて、生きていく。

郊外の町で一人暮らしをしているコペルは14歳、土壌生物に関心を持っている。染織家で叔父のノボちゃんがヨモギを探していることを知って、登校拒否をしている友達のユージンの家を久しぶりに訪ねた。そこへユージンのいとこのショウコもやってきて、一緒にお昼を作って食べたり、庭にはインジャがいるということを聞いて驚いたり…。


イタドリ

ヨモギ

ヤマブキソウ、ニリンソウ

クマガイソウ

エビネ

キンラン

ギンラン

チゴユリ

ウコギ

スベリヒユ

カタクリ

マイヅルソウ


<参考文献>
「君たちはどう生きるか」 吉野源三郎著 岩波書店