f植物園の巣穴

2012/06/07

小説


文庫本:朝日新聞出版(2012年6月発行)


単行本:朝日新聞出版(2009年5月発行)

初出:「小説トリッパー」 朝日新聞出版(2006年春季号~2008年秋季号)


私は、一刻も早く、千代に会わねばならぬのだ。

f植物園に転任してきた佐田豊彦は歯痛に見舞われ、奇妙な出来事に遭遇するようになる。ある時、椋の木の巣穴(うろ)に落ちて、子供の体躯になってしまう。カエル小僧の坊とともに故郷を歩き、過去の記憶を辿る。


秋海棠

月下香(チューベローズ)

オオバコ

白木蓮