雪と珊瑚と

2015/06/20

小説


文庫本:角川書店(2015年6月発行)


単行本:角川書店(2012年4月発行)

初出:「野性時代」 角川書店(2010年9月号~2012年1月号)


食べたものが、そのままその人の元気に繋がるような、そういう「食」を仕事にしたい。母と子の愛と憎しみを抱えたシングルマザーの生きる力は、涙を幸せに変えられる。

21歳の珊瑚は離婚し、生まれたばかりの赤ん坊の雪を抱えて途方に暮れていた。生きることは、食べていくこと、働いていくこと。やがて料理へと関心が向いていく。育児を手助けしてくれるくららや周囲の人に応援されながら、カフェと惣菜の店を開くことに奮闘する。

※連載時のタイトルは「雪と珊瑚」


大根の茹で汁

フィノッキオ(フェンネル)

カルチョーフィ(アーティーチョーク)

ジョウビタキ

ローズマリー

クリーピング・タイム

ヤツデ

タヌキ

コバンソウ