ブラッキーの話

2017年4月26日

児童書・絵本

t f B! P L


単行本:『西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集』 新潮社(2017年4月25日発行)



初出:「ひろがる言葉 小学国語6上」 教育出版(2011年1月発行)


わたしはもうだいじょうぶ。
もうおまえの好きなところへおゆき。


ブラッキーはママにとって大切な犬だった。ある夏の晩、まいがぞくぞくっとする話を聞きたいとママにお願いすると、昔飼っていた犬のブラッキーの話をしてくれた。まいの幼い頃に守ってくれたり、ママが学校へ通っていた頃は歩いて30分かかるバス停まで迎えに来てくれたという。


※単行本は初出を改稿している。

教科書の挿絵(木内達朗)


関連作品

西の魔女が死んだ
名前の森へ、腕まくりして
渡りの一日
冬の午後
かまどに小枝を
※他に未発表作品「お姫様はのぞく」

このサイトを検索

お知らせ

☆新刊(8月28日発売予定)
「岸辺のヤービ」続編

☆連載終了
「風と双眼鏡、膝掛け毛布」

QooQ